中学受験で心が参ってしまったお母さん・お父さんへ

お子さんの成績が低迷していると、まるで自分が責められているような気がしますよね。

「私のやり方が間違っていたんじゃないか…」
「私がダメだから…」

本当は、そんな罪悪感に苦しまなくていいんです。
中学受験は、親が一人で挑む戦いではありません。

中学受験で合格を勝ち取るには、「子供・親・塾」の全員が同じ方向を向いて突き進むことが大切です。具体的には

①まず、子供の理解に努める。一方的・独善的な応援は子供に響きません。
②その上で、子供が安心して勉強に集中できるように、精神面・生活面をサポートする。
③勉強自体は、プロである塾に任せ、何か不安に感じたら早めに相談に行く。志望校選びや、入試までの戦略も塾と相談して決め、子供とも合意する。
といったことです。

しかし実際には、
「子供と衝突ばかり」
「塾を信用できない」
「夫婦の協力体制が整わない」
などなど、「子供・親・塾」全員でスクラムを組むのが困難な場合も多いです。

そんな状況で、なかなか成績も上がらず、秋に突入してしまうと、お母さん・お父さんのストレスが限界を超えてしまいます。

「このままじゃマズい!!」

そう思うあまり、我が子を追い詰め、
カリスマ家庭教師を探してみたり、
「奇跡の逆転合格法」をネットで探し、
「もう自分自身で教えるしかない!」と誰も信用できなくなったり
するかもしれません。

また「もう限界だ…」
と中学受験を断念する方もいらっしゃいます。

感情は伝染します。

親の不安や焦りは、子供のメンタルにも悪影響を与えます。
(子供はびっくりするくらい、大人のことをちゃんと見ています。)

ストレスのはけ口として、夜中にこっそりスマホをいじっている子
大事な教材を紛失しても、怒られるのが嫌で、親に言い出せない子
過度のストレスで円形脱毛症になったり、肌を掻き壊してしまう子

親が「子供のことは全部把握している」と思っていても、実は見えていない部分があるものです。

6年生の夏休みが終わると、もう入試まであっという間です。
今まで、なあなあで済ませていた関係性のヒビが広がって、「こんなはずじゃなかったのに…」といった事態に陥ることは少なくありません。

・周囲が信用できなくなって孤立するあまり、戦略ミスで全落ちに
・ママあるいはパパの暴走で家庭内暴力や家庭崩壊へ
といったことが本当に起こってしまうのです。

今、本当に必要なのは
カリスマのテクニックでしょうか?
合格ママの必勝法でしょうか?

不安な精神状態では、情報の取捨選択もうまくできません。
新しい情報を取り込む前に、まずはあなたの心を整理しませんか?

「もう限界…」
そう感じていたら、私にお悩みを聞かせてください。
どうか一人ぼっちで悩まないでくださいね。

<中学受験相談ホットライン>
中学受験のお悩みは何でも受け付けています。
「とにかく話を聞いてもらいたい!」でも構いません。
電話相談(LINE電話)30分 3,000円(初回は無料で承ります。)
※初回無料は、今後中止する可能性があります。ご了承ください。

<プロフィール>
八島侑輝(やしまゆうき)
東京大学在学中、私立海城高校出身
個別指導塾では中学受験生(小5・小6SAPIX生)と高校受験生(公立中3生)の指導を担当していました。(グノーブルや早稲田アカデミー、集団塾なしの中学受験生の指導も関わっていました。)塾の目が届かない、受験生の親の不安や孤独のはけ口になれたらと思います。